読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーを視る

主にCLやビッグマッチについて。リーグ戦はEPLが中心

2014-2015 CL-16round Schalke vs RealMadrid

 

 

      

f:id:come_on_UTD:20150220231331p:plain

シャルケの試合の入りは超守備的。ボール所持者には常に前線からプレスをかけつつコンパクトにサイドに追い込んでいく

7分いい形でシャルケ左サイドからカウンターするもボアテングのワンタッチがとても悪い

8分クロースのイエローは妥当であるがそこでしかけたヘベデェスは少し安易な1on1

10分マルセロからいい縦パスがでるもオフサイド

11分カウンターの兆しがシャルケにあるもペペのチェックが広範囲

12分内田からのパスをいい形でFKにもってく約22m

16分前線からの強力なプレッシャーをシャルケに ボールを保持することは困難

18分あまりにも簡単にロングボールでシャルケに渡す場面が多い

19分 基本押し込まれると5バックだが変則4バックのような形

19分シャルケ15のフリーでシュート,マドリーは簡単にスペースを作りすぎた

23分マルセロの自陣深くでの華麗なキープ

23分ロナウドシュート打つも33mぐらいかつ助走も十分に取れず枠外

24分フンテラール、キーパーからのボールをキープしつつ右アンクルにいいシュートもセーブ

25分マティブが完全にロナウドを見失って失点 防げたであろう形

29分イスコからのロングボールでヘベデェス完全にロナウドにはずされるもピンチの形にならず

30分内田のディフェンスラインのミスでベンゼマ右アークからシュート打つもセーブ

32分怪我フンテラールOUTパレッタIN

33分イスコいい形でヘーガーを抜き去り28m付近からFK

33分ボアテングイエロー

34分ロナウドのFKはセーブ

36分あまりボールホルダーに対して前線がチェイスしなくなるため少しずつチャンスが増えるマドリー

37分内田からの縦パスがいい形でチュポにはいりクロスもDFうまく弾き返す

37分ボアテングのつたないボールタッチをカルバハルうまくカット

40分ベンゼマロナウドによる完璧なコンビネーションもチャンスにならず

41分ボアテングサイドチェンジも内田チャンスにつなげず

42分内田のつたないパスミス 今試合2回目

43分カルバハル抜き去るもアオゴつなげず

43分ヴァランとてもクリーンなタックル

44分チャンスの内田からの縦パスの精度が悪く

46分ベンゼマへのネステダーへのイエロー 妥当

前半終了

46分マルセロの縦パスイスコとうまく前を向く

47分ベンゼマ、マルセロ間でいい形で間で受けるもファールもらえず

48分いい形でヘーガー突破も続かず 

やはりマドリーの中盤の守備はそれほどクオリティは高くない

51分シャルケいい形で侵入するも続かずペペの出張をカバーしなかったため

51分イスコからロナウドからベンゼマいい形

53分CKあってればおそらく1点ものGK判断ミス?

54分シャルケ左サイド側が守備をさぼり始める ミドルサードで前を向かれることが増える

56分ノイシュテダー交代キルヒホフIN

59分ロナウドワンタッチが長くなりシュート打てず

61分ベイル独走しロナウドへの形もパス逢わず

62分キルヒホフ、イエロー妥当

67分シャルケ側に少し色気が出始め中盤が前がかりになるもプレスにはあまり行かず

68分少し守備体型が整うシャルケ

71分イスコベイルイスコで右アークからフリーでシュートを打つも枠外

72分にもマルセロからロナウドへのパスがきれいにとおりコンビネーションからFK獲得23mくらい?

73分ロナウドのFK壁直撃

74分完全に抜け出した内田とのコンビネーションでチャンスをつくるもバー直撃

75分カシージャス意味不明なキックでCK

75分マルセロの賢い体さばきでうまくキープ

77分ロナウド、ベイルのコンビでミドルサードで前を向きベンゼマへのパスはオフサイド

78分ベンゼマOUTチチャリートIN

78分マルセロの完璧なミドルシュートロナウドへの突破が止められていれば・・・

79分ヘーガーOUTマイヤー

81分カルバハルOUTアルベロアIN

82分内田から精度の高いロングパス

84分イスコOUTイジャラメンディIN

以降はマドリーが試合を殺したため大きいことは起きず

後半終了

ポストマッチの感想

Schlke04

シャルケにとっては最悪サンチャゴ・ベルナベウで1点取れば勝ち進めるような形で1stを終わらせることが理想だったため0-1,1-2,でもよくやったといえるだろうが少しの運が足りなかった。ポストマッチインタビューでディマッティオが語っていたように74分にボアテングのパスに反応してマルセロの裏を抜け出したシーンでパレッタがゴールを決めきれずバー直撃したことは今回のような強豪チーム相手に必要な運が足りなかったと思う。

RealMadrid

レアルマドリードは攻撃の部分でロナウドベンゼマ、ベイル、イスコといった面々が5-3というスペースが少ない守備ラインに対してもミドルサードでしっかり前を向けてる部分が多く崩しの強さも備えているチームだと感じた。本来はスペースを使った両サイドのカウンターも魅力の一つだが特にこの試合はマルセロの長短のパスのアイデアと前線の動き出しが素晴らしく一旦ロナウドベンゼマがサイドでボールを保持することでミドルサードで残りの選手がボールを持ちやすいようにラインを押し下げていたのが印象だった。

 

Man Of the Matchはマルセロだと思うけどもその理由はスーパーゴールだけじゃなくほとんどのチャンスに擬似的に関与していたことがあげられる。まずシャルケのディフェンスラインは図のように5バックであった。

f:id:come_on_UTD:20150220233219p:plain

 

しかしただのドン引きよりも少しアグレッシブな点がいくつかあって、以下のようにサイドバックがボールを持つとヘーガーと内田がマルセロのマークにしっかりつきパスの出しどころもほとんどなくしている点。さらには中盤から前線の距離感を縮めることで効率よくカウンターにつなげようとしているところがあげられる。

f:id:come_on_UTD:20150220233213p:plain

次の図も同じような場面でアオゴがカルバハル、ボアテングがイスコにマーク、ナスタシッチがベイルにマークすることでスペースを消しつつボールを回収することに成功している。

 

f:id:come_on_UTD:20150220233216p:plain

しかしこの方法特に最終ラインの3人のマーク移動がほぼすべての時間帯で変わるため

大変難しいタスクとなっているように感じた。とくに前半25分ロナウドのフリーでヘッドして得点した場面はマティブのミスであるがそれ以外にも得点につながる可能性があったミスは何回もあった。

 

特に印象に残ったのは次のスタッツで、サイドチェンジが異様に多い。もう一つのスタッツはバイエルンがハンブルガーに8-0で勝利した先週の試合だがこの試合もバイエルンの使うスペースは広くパスは総計で821本にもおよぶがサイドチェンジはほとんど行われていなかった。

f:id:come_on_UTD:20150220231256p:plain

f:id:come_on_UTD:20150220234815p:plain

シャルケの5バックはマークチェンジが頻繁に起こる点やMFとFWが囲って局所的数的優位によるDF志向であったためレアルマドリードはサイドチェンジを行うことで効果的な状況を何回か作り出していた。レアルは特にサイドチェンジを多用しマークチェンジのミスを誘うこと、マルセロを中心にサイドからロングボールを前線に与えミドルサードでのスペースを作り出していた。

 

 

プレミアリーグの熱烈なファンだけども今シーズンでこれだけ攻撃に活性をもたらすSBが見当たらないということが悲しいといいたいだけの記事でした。