読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーを視る

主にCLやビッグマッチについて。リーグ戦はEPLが中心

EURO2016-Round.of.4-POR.vs.WAL

EURO2016-Round.of.4-ポルトガルvsウェールズ

まずはスタメンから

緑がポルトガル、黒がウェールズ(Fig.1)

f:id:come_on_UTD:20170217223643p:plain

Fig.1 ポルトガルvsウェールズ

 

ポルトガルは4-3-1-2。累積警告で出場停止ののペペ、ウイリアムをそれぞれB.アウベス、ダニーロに変更。R.サンチェスは今大会において怪我がちのA.ゴメスからポジションを奪い取り、A.シルバもモウチーニョのポジションを奪っている。R.ゲレイロもけがから復帰しており、代役の選手をうまく使いこなしているチームである。

 

一方のウェールズは3-5-2(3-4-2-1)。これまで攻撃をけん引してきたラムジーとビルドアップ、迎撃守備で存在感を見せてきたB.デイビスは累積警告で出場停止となっている。代役にはコリンズ、A.キングが選ばれている。

 

試合の概要

試合はポルトガルが2-0で勝利で終える。49分にR.ゲレイロのCKからC.ロナウドが完璧なヘディングで先制する。その直後53分にもC.ロナウドミドルシュートの軌道をナニが変化させることで追加点を得た。前半は非常に拮抗していた。回数は少なかったがベイルのポジションチェンジを生かした質の高いチャンスメイクを作り出したウェールズと、質は高くないが何度もクロスを供給し続けたポルトガル。しかし一旦均衡が崩れるとウェールズは自分たちの型をすててスクランブルアタックを強行。ほとんど自滅のような形で後半の時間を無駄にしてしまったウェールズは決勝へと駒を進めることはできなかった。

 

続きを読む

EURO2016-Round.of.8-FRA.vs.ICL

EURO2016 Round.of.8-フランスvsアイスランド

まずはスタメンから


青がフランス、白がアイスランド(Fig.1)

f:id:come_on_UTD:20170213010034p:plain

フランスはメンバーを変更しつつ、アイルランド戦で発見したグリーズマンを自由にした4-4-2(4-2-3-1)。

ラミが累積警告のためウムティティが登場。コシルニーはいままで左CBだったが、ウムティティが左CB、コシルニーが右CBに。カンテも累積警告だが、おそらくカンテが出場できたとしてもマテュイディ、ポグバをセントラルに置く布陣を採用したと思う。またサイドにはシソッコが登場。試合時間はレギュラー陣と比べると少ないが、出場した試合では持ち前のパワフルさが発揮されており徐々に序列が上がっている。

 

アイスランドは5戦連続でスタメンを統一の4-4-2。

ここまでこれたことが奇跡とはいえ、さすがに疲労が蓄積してくる段階。どう乗り切るのかは監督の手腕でもあり選手のモチベーションに大きく左右されそう。

 

試合の概要

試合はフランスが5-2で勝利する。11分にマテュイディのロングボールに抜け出したジルーが決めてフランスが先制する。その後コーナーキックからポグバのヘッド、パイェのミドルシュートグリーズマンの裏抜けからの1on1を決めて前半のうちに4点差とする。後半は55分にG.シグルドソンのクロスをシグトルソンが押し込み1点返す。その直後の58分にはパイェのFKからジルーがヘッドを決めて再び4点差とする。試合終盤にはスクラソンのクロスをビャルナソンが合わせて最終スコアは5-2となった。前半はアイスランドの守備の強度も落ちていたが、それ以上にフランスがスペースがない中でもボールを効率よく前に進ませていた。特にグリーズマンシソッコ、パイェ、ジルーは受け手として、マテュイディ、ポグバは出し手として完全に機能していた。アイスランドもチャンスの質は高かったがそれがゴールに結びつかなかった。

 

続きを読む

EURO2016-Round.of.8-GER.vs.ITA

EURO2016-Round.of.8-ドイツvsイタリア

まずはスタメンから

白がドイツ、青がイタリア(Fig.1)

f:id:come_on_UTD:20170211201906p:plain

Fig.1 ドイツvsイタリア

 

ドイツのスタメン変更はドラクスラー⇔ヘヴェデスのみだが、3-5-2へとシステムを変更している。3バックに変更した理由は試合を見ていけば完璧に理解することができる。バイエルンを指揮したペップのドイツへの貢献度は計り知れないと思った1戦でもあった。

 

イタリアは今大会完璧に機能している3-5-2。ただし重要な役割を担うはずの中盤の底、つまりデロッシの怪我、T.モッタが累積告で出場停止のため本職がいなくなった。そのためこの試合ではパローロが底を務める。

 

試合の概要

試合は120分間で1-1だったが、PK戦でドイツが準決勝へと駒を進める。64分にヘクターのクロスをエジルが決めてドイツが先制する。その後フロレンツィのクロスをボアテングがハンドしたためPKを得たイタリア。PKはボヌッチがしっかりと決めて同点にする。その後追加点もなくPKとなるが、両チームともほぼ半数の選手がシュートを決められなかった。試合を通じてドイツがボールを保持したが、これは選手の質はもちろんのこと、戦術によるサポートがかなり効いていた。レーブ監督の判断力が最も活きた試合だった。

 

続きを読む

EURO2016-Round.of.8-WAL.vs.BEL

EURO2016 Round of 8 ウェールズvsベルギー

まずはスタメンから

赤がウェールズ、白がベルギー(Fig.1)

 

f:id:come_on_UTD:20170208005608p:plain

Fig.1 ウェールズvsベルギー

 

ウェールズはいつもの3-5-2。

ただし2トップ、特にベイルの相方は定まっておらず、この試合はロブソンカヌが先発している。

 

ベルギーもいつもの4-2-3-1だが、最終ラインは2枚変更している。

ヴェルマーレンの累積警告とフェルトンゲンの負傷によって、それぞれデナイエルとJ.ルカクがスタメンとなっている。ここにきてコンパニの大会前の離脱が効いてきている。

 

試合の概要

試合は3-1でウェールズの勝利で終える。先制はナインゴランの豪快なミドルシュートでベルギーが先制するが、29分にはCKからA.ウイリアムスが、56分にはクライフターンを華麗に決めたロブソンカヌが、84分にはグンターのクロスからヴォークスが得点しウェールズが逆転勝利する。ベルギーにも勝つチャンスはあったが、いくつかの戦術的ミスと個人能力の欠如によってウェールズにつけ入る隙を与えてしまった。逆にウェールズは自分たちの持ちうる能力を最大限まで引き出したおかげで勝利することができた。

続きを読む

EURO2016-Round.of.8-POL.vs.POR

EURO2016-Round.of.8-ポーランドvsポルトガル

まずはスタメンから

白がポーランド赤がポルトガル(Fig.1)

 

f:id:come_on_UTD:20170205020746p:plain

Fig.1 ポーランドvsポルトガル

 

ポーランドはスタメンを固定した4-4-2。

チームの強みは堅守とカウンターだが、大会が進むごとに少しずつ運動量が低下している気がする。

 

ポルトガルはスタメンをいじっているがいつも通りの4-1-3-2。クロアチア戦に初めて出場したフォンテ、ソアレスはそのままスタメンを獲得し、R.ゲレイロ、A.ゴメスは怪我のためエリゼウ、R.サンチェスがスタメンとなっている。

 

試合の概要

試合は120分で1-1で引き分け、PKをもってポルトガルの勝利で終える。1分にソアレスのミスからグロシツキをフリーにしてしまい、精度の高いクロスをレヴァンドフスキが決めて先制する。しかし32分にはR.サンチェス、ナニのコンビネーションからR.サンチェスが抜け出しミドルシュートを右隅に沈め同点とする。その後はスコアは動かずPKに突入し、ブワシュコフスキが外すことで試合は決着する。前半の序盤はポーランドの運動量とカウンターで試合を支配するが、時間を追うごとに元気がなくなっていくポーランドポルトガルも決定的なシーンを多く作ったわけではないが、序盤を除いた時間帯ではポルトガルがうまく試合をすすめた。

 

続きを読む

EURO2016-Round.of.16-ENG.vs.ICL

EURO2016-Round.of.16-イングランドvsアイスランド

まずはスタメンから

白がイングランド青がアイスランド(Fig.1)

 

f:id:come_on_UTD:20170203031528p:plain

 

イングランドグループリーグで好調だったララーナ(ただしゴールはきめない)をスタリッジに変更する

どうやらララーナは練習中に怪我したらしい。基本は4-3-3だが、4-2-4といってもいいくらいアリはあがりっぱなしである。

 

アイスランドグループリーグから一貫した4-4-2。

中4日もしくは3日の試合が続いてるため疲労を考慮するとやや心配ではある。

 

 

 

試合展開

試合は1-2でアイスランドの勝利で終える。3分にスタリッジのロングボールを受けたスターリングがハルドーソンに倒されてPK。これをルーニーが決めて先制する。しかし5分にグンナーソンのロングスローをアルナソンがフリックしてR.シグルドソンが決めて同点とする。17分にはロングボールで前に進むことができたアイスランドは、シグトルソンが決めて逆転する。ネームバリューだけ見ればイングランドが勝ち上がると思った人も多いはずだが、内容は決してジャイアントキリングという感じではなかった。イングランドアイスランドのコンパクトな4-4-2を崩すことはできず、チャンスも非常に限られていた。逆にアイスランドは序盤に2得点出来たという幸運も持ち合わせていたものの、ほほプラン通りといった内容であった。

続きを読む

EURO2016-Round.of.16-ITA.vs.SPA

EURO2016-Round.of.16-イタリアvsスペイン

 

まずはスタメンから

青がイタリア、白がスペイン(Fig.1)

 

f:id:come_on_UTD:20170131033815p:plain

Fig.1 イタリアvsスペイン

 

イタリアは3-5-2の従来の形。

ただしウイングバックはデシリオ、フロレンツィ、カントレーヴァ、ダルミアンがグループリングで起用されており、この試合ではデシリオ、フロレンツィのコンビとなる。また主力の選手が3節のアイルランド戦を休めたのも過密日程という点においても重要だろう。

 

スペインは4戦連続で4-3-3でメンバーも固定されている。控えに良い選手がいながらもスタメンを固定している理由はよくわからない。

 

試合の概要

試合は2-0でイタリアの勝利で終える。32分にエデルが蹴った直接FKのこぼれ球をキエッリーニが押し込んでイタリアが先制する。90分にジャッケリーニのドリブルからロングカウンターでペッレが勝利を確定させる2点目を決める。前半はイタリアの守備が嵌っていたが、後半はスペインがゲームを支配する。ハーフタイムで試合の形勢が変わった典型的な試合であり、Round.of.16のなかではおそらく一番面白い。

 

続きを読む